女性に人気の医療系事務職の解説・比較サイト

>

働くときに役立つ知識や資格

働くために資格は必要?

調剤薬局事務と医療事務の資格は国家資格ではないため、就業するために必須なわけではありません。
しかし、資格を持っていることは求人に応募する際のアピールポイントになります。
求人では経験者が優遇されることが多いため、未経験の場合は一般的に採用のハードルが高くなりますが、資格を持っていることで採用確率や待遇の上昇が期待できます。

また、直接手を加えるわけではありませんが、調剤薬局事務は薬剤、医療事務は幅広い医療行為に関する書類の管理に携わります。専門分野の知識はあって困るものではありません。
主な職務内容は事務的なものがほとんどであり、働きながらでも問題なく仕事は覚えられますが、基礎的な知識やスキルを身につけているか否かで業務への理解度や他のスタッフからの信頼度は大きく変わってきます。

どんな知識や資格が役に立つ?

知識を得るための一番の近道は、目標をもって勉強することです。
その目標としておすすめなのが、資格取得。せっかく勉強するならば、仕事を探す際にアピールポイントになる資格の取得を目指すことで、高いモチベーションを維持することもできます。

医療事務の資格は認知度が高く、人気も高いため、学習ツールや講座が充実しています。分野も細分化されており、それぞれのニーズに合わせた資格の取得を目指せます。
ただし、基本的に幅広い知識が必要となるため、難易度はやや高い傾向にあります。
対して、調剤薬局事務の資格は医療事務に比べて範囲が狭いので、比較的難易度は低くなっています。

どちらの勉強をまずしてみたいか、それぞれの目標や傾向に合わせて考えてみることをおすすめします。


この記事をシェアする