女性に人気の医療系事務職の解説・比較サイト

>

どちらの方が好条件?

収入が高いのはどっち?

一般的に医療事務の方が給与はやや高い傾向がありますが、その差はそれほど大きくありません。
しかし、医療事務は求人数が多く、経験や資格も給与に反映されやすいため、キャリアを積んでからのことを考えると、医療事務の方がより高い収入を得ることができる可能性が高いです。

調剤薬局事務と医療事務においては、「どちらの仕事を選ぶか」ということよりも、「どこで働くか」ということの方が収入に大きく関わってきます。大規模な病院や薬局等であれば、いずれの仕事でも20万円程度の月収が期待できますが、時給1000円程度の求人も多くあります。
また、規模に加え、勤務先の地域によっても給与の水準が変わってくるため、勤務先を検討する際は地域性も判断材料にする必要があります。

働きやすいのはどっち?

勤務時間という点から考えると、医療機関が主な勤務先となる医療事務の方が定時で帰宅できることが多いようです。ただし、繁忙期には数時間の残業が発生することもあります。
一方、調剤薬局事務で勤務先となる調剤薬局は、近隣の医療機関の営業時間に合わせて運営されていることが多いため、病院やクリニック等よりも帰宅時間が遅くなることがほとんどです。

人間関係も、働きやすさを考える上で重要な判断基準となります。
中規模以下の医療機関は医師が一人で経営している場合も多く、医師と波長が合わなかったり、相手が気難しい性格だと、常にストレスを感じながら働かなければならなくなることもあります。
対して調剤薬局では薬剤師が複数人働いており、入れ替わりも比較的多いため、気難しい人が一人ぐらいいてもそれほど大きなストレスを抱えずに働けることが多いようです。


この記事をシェアする