女性に人気の医療系事務職の解説・比較サイト

>

女性に人気の医療系事務職!

「調剤薬局事務」はこんな仕事!

調剤薬局事務の仕事に就いた場合、職場は名前の通り、調剤薬局となります。
調剤薬局は、医師による処方箋をもとに調剤室で薬を調合し、患者さんに提供する薬局のことです。ここで調合される薬には健康保険が適用されるため、保険薬局とも呼ばれています。
ちなみに、ドラッグストアは医薬品を販売する店舗に過ぎないため調剤室のないところがほとんどのため、調剤薬局には含まれません。

調剤薬局事務の仕事は、薬剤関係の書類の管理や受付対応、清掃などが中心です。
なかでも特に重要な業務は「レセプト」と呼ばれる明細書の作成で、この明細書は保険点数等を反映させ、保険者に提出されます。報酬は明細書をもとに支給されるため、作成時には専門的知識が求められることはもちろん、ミスを起こさない正確性も必要となります。

「医療事務」はこんな仕事!

医療事務での就業場所は、病院や診療所といった医療機関となります。その規模は大規模な総合病院から個人病院まで様々ですが、大規模な医療機関では複数の医療事務職員が業務を分担し、事務作業をこなしています。

基本的な業務の部類としては調剤薬局事務と大きくは変わらず、医療費の計算や患者さんへの受付応対が主な仕事です。ただし、薬剤関連のみを取り扱う調剤薬局事務とは異なり、医療機関での診療全般を取り扱うため、幅広い知識が必要となります。
また、調剤薬局事務と同じ「レセプト」の作成に加え、カルテや診察券など、取り扱う書類も多く、患者さんとコミュニケーションをとる機会も増えるため、より高い正確性や対人スキルを求められる傾向があります。


この記事をシェアする