調剤薬局事務と医療事務の違いを解説

女性に人気の医療系事務職の解説・比較サイト

女性に人気の医療系事務職!

「調剤薬局事務」や「医療事務」という名前を聞いたことはあっても、どのような仕事をするのかは知らないという方も多いのではないでしょうか。 実際に働くことを考える上で重要な情報の一つである仕事内容。それぞれの具体的な仕事について、まずは確認しておきましょう。

どちらの方が好条件?

仕事を選ぶ際に大きな判断要素となるのは、なんといっても労働条件ですよね。 勤務体制や収入、休暇など、自分の生活や希望に合わせた働き方のためには、多角的な比較が必要です。 では、二つの職業について、主な条件面ではどのような違いがあるのでしょうか?

働くときに役立つ知識や資格

「調剤薬局事務」と「医療事務」はどちらも医療に関わる仕事です。事務的作業が主な業務とはなりますが、医療や保険といった分野に携わる以上、専門的な知識を求められる場面が多くなります。 それぞれの職業で役立つ資格の種類や難易度、取得方法などについて理解しておきましょう。

「調剤薬局事務」と「医療事務」の仕事内容は?

事務職の中でも、特に女性に人気の職業として多くの人に認知されている医療事務。
それぞれのライフスタイルに合わせて、雇用形態や勤務時間等を選べる自由度の高さに加え、学歴によって収入が左右されず、知識と経験が重視される点も人気の理由です。
また、勤務先が医療機関やそれに準ずる施設のため、国内のどこでも仕事を見つけやすいことや、ブランクがあっても復帰しやすいことから、主に女性から高い支持を集めています。

医療事務に関連して、注目を集めているのが調剤薬局事務。病院と薬局の分業を進める施策の広まりによって、病院外で薬剤を処方する機会が増えたことでニーズが高まっている職業です。
医療事務と同じく、勤務形態の融通が利きやすいため、人気が高まっています。

医療関係の仕事ということで、どちらも将来性と安定性を兼ね備えた職業であることは間違いありませんが、両者には一体どのような違いがあるのでしょうか?
「どちらも名前は聞いたことがあるけど、どんな仕事なのかは知らない」「どちらを選んだらいいのかわからない」と悩んでいる方も少なくないかと思います。

このサイトでは、それぞれの職業についていくつかの視点から解説し、比較していきます。
調剤薬局事務も医療事務も、自分の生活や希望を優先しやすい仕事です。本格的に就職や資格取得を考えている方だけでなく、少し興味を持っている方、選択肢のひとつに入れてみようか迷っている方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。